java 例外処理

Java

【Java】 例外処理rethrow(再スロー)の使い方 Java SE7以降

throw(スロー)された例外をcatchブロックでいったん受け取り再度スローすることをrethrow(再スロー)と言います。 rethrowを使うと例外オブジェクトにエラー内容を追記したり、別の例外クラスに変更する事ができます。
タイトルとURLをコピーしました