【SQLSERVER入門】 基礎の使い方を学んでいく。



新米太郎
新米太郎

皆さんこんんちは新米です。

今回はSQLSERVERの基礎を紹介します。

データベースを管理するソフトウェアを操作・制御するにはSQLは必須です。

また、国家資格の基本情報技術者試験にもSQLの問題が出題されるので受けるかもしれない人は
この機会に基礎を固めておきましょう。


今回、以下のテーブル内容にそって説明していきます。

 

テーブル名:Sample

番号

商品名

値段

A001

りんご

150

A002

キャベツ

200

A003

牛肉

600

A004

おにぎり

120

A005

アイスクリーム

150

 

--Sampleテーブル作成
CREATE TABLE [Sample] (
      [番号] nvarchar(10) NOT NULL PRIMARY KEY
    , [商品名] nvarchar(50) NOT NULL
    , [値段] int NOT NULL
);
 
--レコード挿入
INSERT INTO [Sample] VALUES
      ('A001', 'りんご',           150)
    , ('A002', 'キャベツ',      200)
    , ('A003', '牛肉',            600)
    , ('A004', 'おにぎり',      120)
    , ('A005', 'アイスクリーム',   150);
 
--全件表示
SELECT * FROM Sample;

SQL Serverのインストールや初期設定などは、コチラで詳しく解説しています。

【SQL Server】環境構築方法 インストールからテーブル作成までを解説
SQLserverの環境構築・初期設定方法とインストールからテーブル作成までを解説。スクリーンショットを載せているので、手順通りに進めれば問題なく構築できるはずです。無料で使えるSQLにはいくつも種類がありますが、SQLserverもおすすめできる物の1つです。

 

SELECT : データの抽出

データを抽出したい場合はSELECT句を使います。

 

構文

SELECT カラム名 FROM テーブル名;

テーブルの項目名の事をカラム名列名と言います。

上記、Sampleテーブルの場合「番号、商品名、値段」です。

 

Sampleから商品名のデータを全て抽出したい場合は
以下のように記述します。

SELECT 商品名 FROM Sample;

実行結果

りんご

キャベツ

牛肉

おにぎり

アイスクリーム

 

複数のカラムを抽出する場合

複数のカラムを抽出したい場合は”,(カンマ)を使用します。

 

SELECT 商品名,値段 FROM Sample;

実行結果

りんご

150

キャベツ

200

牛肉

600

おにぎり

120

アイスクリーム

150

 

全カラムを抽出したい場合

全てのカラム名を抽出したい場合は*(アスタリスク)を使用します。

 

SELECT * FROM Sample;

実行結果

A001

りんご

150

A002

キャベツ

200

A003

牛肉

600

A004

おにぎり

120

A005

アイスクリーム

150

 

WHERE句 : 検索条件の指定

WHERE句はデータの検索条件を指定する事ができます。

 

例えば、値段が150円の「番号、商品名、値段」を抽出する場合
下記のように記述します。

SELECT * FROM Sample WHERE 値段 = 150;

実行結果

A001

りんご

150

A005

アイスクリーム

150

値段が150円のレコード(行)のみ抽出されました。

 

WHERE句で使える比較演算子&論理演算子

他にもWHERE句では様々な比較演算子や論理演算子を使う事が可能です。

【比較演算子一覧】

比較演算子

説明

=

等しい

>

大きい

<

小さい

>=

大きい、もしくは等しい

<=

小さい、もしくは等しい

!=

<>

等しくない

 

【論理演算子一覧】

論理演算子

説明

AND

2つの条件を結合し、両方の条件が真

OR

2つの条件のうち、どちらか一方が真

NOT

式の結果を反転

BETWEEN a AND b

対象のフィールドが a

b の範囲内

IN

対象のフィールドが式の一覧の1つに一致

LIKE

対象のフィールドがパターンに一致


INSERT : データの挿入

新しくレコードを追加したい場合INSERT句を使用します。

構文

INSERT INTO テーブル名 VALUES (値1,値2,・・・);

 

 

INSERT INTO Sample VALUES ('A006','ラーメン',300);

※文字列を記述する場合は’’(シングルクォーテーション)を付けます。

実行結果

A001

りんご

150

A002

キャベツ

200

A003

牛肉

600

A004

おにぎり

120

A005

アイスクリーム

150

A006

ラーメン

300

このように新しいレコードが追加されます。

 

UPDATE : データの更新

テーブル内の既存のデータを更新したい場合はUPDATE句を使用します。

構文

UPDATE テーブル名 SET カラム1=値1,カラム2=値2,・・・ WHERE 条件;

WHERE句で検索条件にヒットしたレコード(行)を更新します。

更新する内容は 「カラム=更新する値」で出来ます。

 

例えば、Sampleの番号「A002」のレコードを更新する場合
下記のように記述します。

UPDATE Sample SET 商品名='レタス',値段=250 WHERE 番号='A002';

実行結果

A002

キャベツ

200

⬇️

[更新後]

A002

レタス

250

 

DELETE : データの削除

テーブルのデータを削除したい場合、DELETE句を使用します。

構文

DELETE FROM テーブル名 WHERE 条件;

 

例えば、Sampleの番号「A004」のレコードを削除したい場合は下記のように記述します。

DELETE FROM Sample WHERE 番号='A004';

実行結果

番号

商品名

値段

A001

りんご

150

A002

キャベツ

200

A003

牛肉

600

A004

おにぎり

120

A005

アイスクリーム

150

⬇️

[削除後]

A001

りんご

150

A002

キャベツ

200

A003

牛肉

600

A005

アイスクリーム

150

上記の結果の通り[番号:A004 商品名:おにぎり 値段:120]レコードが削除されます。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は、初心者向けのSQLSERVERについて紹介しました。

 

今後、データベースの作成や運用など、、
データに関わる仕事に関わっていく方は必ずマスターしておきたい言語になります。

まずは、基礎を固めてステップアップしていきましょう!

 

新米太郎
新米太郎

最後まで読んでくれてありがとう👍



コメント

  1. […] 【SQLSERVER入門】 基礎の使い方を学んでいく。今回はSQLSERVERの基礎の使い方… […]

タイトルとURLをコピーしました